1. home
  2. マガジン
  3. ミズノボールパークin草オン トップ
  4. キャッチボールをしよう

キャッチボールをしよう

野球は「投げる」「捕る」「打つ」「走る」スポーツ。だけど、やっぱり基本のキホンはキャッチボール。うまくボールが投げられるようになると、捕ることだって自然とうまくなる。野球が楽しく、面白くなる。さあ、キミもキャッチボールを始めよう!

ミズノ・アドバイザリープロスタッフ 工藤投手が教えてくれる正しい投げ方3つの基本。

キャッチボールは正しい投げ方をしないと、いいボールはいかなし、肩やヒジを痛めてしまうことだってある。正しい投げ方のキホンを試してみてください。

1)腕の上げ方のキホン

  • 腕の上げ方
  • 【腕の上げ方】
    両方の腕を大きく下から上にあげていこう。
  • 投げるときは両腕を外側に、下から上に大きく円を描く感じで肩の高さまで持ち上げよう。
    ちょうどラジオ体操で屈伸しながら腕をクロスさせて振り上げるような感じです。

2)正しいトップを作ろう

  • 正しいトップ
  • 【正しいトップ】
    手の甲が投げる方向を向くようにしよう。
  • 投げるヒジが肩より下にならないようにして、しっかり胸を張ってみよう。
    これがトップ。この時にボールを持った手の甲が投げる方向にしっかり向いていること。
    正しいトップができていれば腕を少しひねっている感覚になるはずだ。

3)腕を振らず、カラダを回そう

  • カラダを回す
  • 【カラダを回す】
    トップの位置からカラダをキュッと回そう。
  • 肩のラインよりもヒジを上げ、胸を張ってトップを作ったら、腕を振るのではなくて、カラダをキュッと回してやろう。
    自然と腕がヒジから出てきて、ピュッとしなるように振れるはずだ。
    僕の投球フォームをチェックしてみて。この投げ方になっているはずだよ。

キャッチボールをもっとうまくなろう。

「3つのキホン」は、どのポジションにも当てはまる投げ方。もしキミが内野手だったら、腕の振り上げが小さく、素早くなるだけで、投げ方のキホンは変わらない。

僕のようにピッチャーの場合は、下半身を安定させて、バランス良く投げることが大切だ。そのためには「1本足反復キャッチボール を試してほしい。これができるようになると、もっといい球が投げられる。キャッチボールがもっとうまくなる。

やり方は、足を上げて軸足1本で立ち、しっかり止まったところからスタート。「3つのキホン」を守ってボールを投げたら、今度は踏み込んだ足で1本足立ちをしよう。軸足は上げたままで、地面につけてはダメ。グラグラしないように、3秒くらいピタッと止まること。

しっかり止まることできたら、今度はビデオの逆回転のようにして、蹴り上げた軸足を後ろに引き、スタートしたときの足を上げた姿勢に戻って3秒止まる。これを反復しながらキャッチボールしよう。
投球バランスが良くなって、むだな動きがなくなるから、コントロールもずっと良くなるはずだ。

  • 正しいボールの握り方
  • 【正しいボールの握り方】
  • 最初は全部の指でボールを握って投げようとします。これではうまく投げられない。縫い目に直角になるように、親指、人差し指、中指の3本で、やわらかく握って投げてみよう。
  • 一本足反復キャッチボール
  • 【一本足反復キャッチボール】
  • 軸足1本で立ったところからスタート(イラスト左)。ボールを投げたら、今度は踏み込んだ足で1本立ち(イラスト右)。蹴り上げた軸足を後ろに引き、スタートしたときの姿勢に戻って止まる。これを反復してキャッチボールする。下半身が安定して、いい球筋のボールが投げられるようになる。

【キャッチボールのマナー】

  • 1) 捕りやすいように相手の胸を目がけて投げよう。
  • 2)相手に捕れない球を投げてしまったら、あやまろう。
  • 3)捕れないボールを投げてきたら黙って拾いに行こう。
  • 4)いい球が来たらナイスボール!と言ってあげよう。

早いキャッチボールができるようになろう

両手でキャッチするのは、バランス良くボールを捕るため。それからボールが握りやすくなって、投げる動作にすぐに入れるからだ。手はグラブの近くにそえるだけ。構えているときはグラブに付けないほうがいい。またカラダから遠くはなれたボールを無理に両手で捕りにいってはだめ。そんなボールが来たら、カラダの真ん中で捕れるように素早く動いて捕ろう。そしてキャッチするときはグラブがパチンと鳴るようにしよう。ポケットでちゃんとキャッチしないと、いい音は出ないぞ!

キャッチボールが上達したら、捕ったら素早く投げ返す早いキャッチボールをしよう。野球で大切なリズムが身につく。コツはボールを捕るときにグラブ側の足を一歩踏み出すこと。ボールをキャッチしたら、スキップする感じで素早くステップして投げ返そう。投げ終わったら、すぐ元の位置にステップバック。この動作をリズムよく繰り返そう。一歩踏み出す動きはゴロを捕るときと同じ動き。内野手の動きが自然と身につくよ。

teams

teams

megaking2016

select9

グラブレザーコレクション

ミズノボールパーク in 草オン

teams