1. home
  2. マガジン
  3. コラム
  4. ゲンのベースボールイングリッシュ:【LESSON2】読んで納得の深ーイ用語

マガジン

「へぇー、アメリカではそう言うんだぁ」と思わず感心の違った言い方や、由来が面白いものなど、前回に続きそんな用語を今回もピックアップしてみました。
それではいきましょう、読んで納得の深ーイ レッスン2、Let’s check it out !

LESSON 2

サイドスロー

  • TokaiDai Sagami pitcher Shinta Hifumi made headlines during the summer as a pitcher that converted himself into a サイドスロー pitcher.
    In English, we'd called him a sidearm pitcher or sidearmer.Sidearm pitchers are also sometimes referred to as sidewinders.
2010年の夏は、東海大相模のピッチャー 一二三 慎太君のサイドスローへの転向の記事が各紙を賑わせました。そんなサイドスローの投手ですが、英語ではsidearm pitcher(サイドアーム ピッチャー)、または、sidearmer(サイドアーマー)と呼びます。
その他、sidewinders(サイドウィンダース)とも呼ばれることもあります。
  • サブマリンピッチャー
    This is exactly the same in English, as in "Shunsuke Watanabe is a submarine pitcher."
これは英語でも全く同じ。なので英語でも、「渡辺 俊介はsubmarine pitcher(サブマリンピッチャー)です」となります。

サウスポー

  • サウスポー pitchers are called left-handed pitchers, or lefties. They can also be called southpaw pitchers.
    The term southpaw in baseball originally referred to the arm pitchers threw with when most ball parks at the time had batters facing east in the batter's box.
    There is also term called "south paw" that originally meant "a punch with the left hand," so there could be a connection with that word as well.
    Left-handed pitchers can also be called portsiders, from the term "port," or the left side of a ship.
サウスポーのピッチャーのことは、left-handed pitchers(レフトハンディド ピッチャー)、または、lefties(レフティーズ)と呼びますが、日本と同じくsouthpaw pitchers(サウスポー ピッチャー)と言う場合もあります。 サウスポーの言葉の由来はピッチャーの腕に関係しています。というのも、昔のほとんどの球場は、バッターボックスに立つとバッターが東を向く作りになっていました。そうすると、左利きのピッチャーは南側から投げてくることとなり、南を意味するsouth(サウス)から、サウスポーと呼ばれるようになりました。そんなことからも、サウスポーは、「左手でパンチする」という意味にも使われたりします。
バッターやバックネット裏の高い値段の観客席の人が、日中の試合で眩しくないようにするために球場は東向きに作られたようです。
  • There isn't a word for this in Japanese that I know of, but there is a term called LOOGY in baseball that refers to the left-handed specialist in the bullpen, or Lefty One Out GuY.
    These left-handed pitchers enter games just to get out one or two left-handed batters.
左バッターを1~2人打ち取るためだけに投入される左ピッチャーについて、日本語には特別な言い方が無いと思いますが、英語ではLOOGY(ルージー)、または、略さずにLefty One Out GuY(レフティー ワンナウト ガイ)と言います。
Lefty One Out GuY(レフティー ワンナウト ガイ)は、「ワンナウトをとる左利きのヤツ」って感じです。
  • 右利き pitchers are right-handed pitchers, or righties. And while not used very often,the terms ROOGY, or Righty One Out GuY, and northpaw (opposite of southpaw) do exist.
ちなみに右ピッチャーは、左ピッチャーと同様にright-handed pitchers(ライトハンディド ピッチャー)とかrighties(ライティーズ)と呼ばれます。また、そんなにしょっちゅう使われはしないのですが、ROOGY(ロージー)やRighty One Out GuY(ライティ ワンナウト ガイ)、サウスポーの反対でnorthpaw(ノースポー)という言い方もあります。

フルカウント

  • フルカウント is simply full count in English. This term may refer to when the three spaces (or lights) for ball and two spaces (or lights) for strikes become "full" on the scoreboard. Full count can also be expressed as full house (a reference to Poker) and full boat.
    There's also a term that some announcers use to refer to the pitch that comes with aフルカウント: the payoff pitch.
    The term payoff means some kind of payment, like a salary. In the term payoff pitch, the word payoff refers to the outcome of the last pitch: if the final pitch leads to a strikeout or an out, the payoff (or salary) goes to the pitcher; if the final pitch leads to a walk or a hit, then the payoff goes to the batter.

フルカウントは、英語も単純にfull count(フル カウント)で、スコアボードのストライクの2つのランプとボールの3つのランプがいっぱいで“フル”であることから、フルカウントとなりました。
給料と似た意味で“お金が払われる”という意味のあるペイオフという言葉を使って、フルカウントをpayoff pitch(ペイオフ ピッチ)と呼ぶアナウンサーもいます。これは、最後の1球がストライクやアウトになるとピッチャーが、ボールやヒットになるとバッターがメリットを受けることから、お給料をもらうみたいに良いことがある1球という意味で、payoff pitch(ペイオフ ピッチ)と呼ばれます。

ストロングリーグ

ストロングリーグ

teams

megaking2016

select9

グラブレザーコレクション

ミズノボールパーク in 草オン

teams